一般歯科・小児歯科

さやま歯科クリニックの一般歯科治療

一般歯科とは、むし歯と歯周病の治療、および補綴(欠損部を補うこと)を主体とした保険範囲内でできる治療の事です。

一般歯科で主にできる治療や症状

  • 虫歯の治療
  • 歯周病治療
  • 歯根の治療(歯の神経の治療)
  • 歯肉が腫れている場合
  • 歯が欠けた場合
  • 詰め物、被せ物(一部保険対象外)
  • ブリッジの治療(一部保険対象外)
  • 入れ歯(一部保険対象外)
  • かみ合わせの治療(矯正治療は保険対象外)

症例紹介

奥歯の詰め物(インレー治療)

インレー術前

インレー術後

歯周病治療+歯の欠損部へのブリッジの治療
(全て保険治療の範囲内でおこないました)

歯周病術前

歯周病術後

補綴終了

さやま歯科クリニックの小児歯科

子ども向けの予防処置

乳歯は永久歯に比べ、虫歯菌が出す酸に溶けやすいという特徴があります。ですから当院では虫歯予防に力を入れ、以下のメニューでお子様の歯の健康をサポートしています。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素塗布を定期的に行うことによって歯の表面を強化でき、予防効果が期待できます。年に3~4回行うのが、効果的だとされています。

シーラント

シーラント

シーラントとは、虫歯になる前に奥歯の溝をフッ素を放出するお薬で埋めてしまう簡単な方法です。特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。永久的なお薬ではありませんので、口腔状態により、定期的にやり直す必要があります。

歯の健康を守るには定期検診が効果的

お子様の初めての検診は、乳歯が生え揃う2.5~3歳頃に受けることをおすすめしています。虫歯になり、歯を削るとなると、お子様は歯医者がとても嫌いになってしまいます。少なくとも半年に一回は定期検診を受けさせて、お子様を虫歯から守りましょう!