• トップぺージ
  • インプラントをお考えの方へ
  • インプラントをお考えの方へinquest

    歯を失うと 歯を失うと

    歯を失った場合の治療は入れ歯やブリッジが一般的でしたが、現在はインプラント治療を選択する患者さんが増えてきています。 入れ歯やブリッジでは噛む機能が、本来の噛む力の30%ほどしか回復できず、また、「あごの骨がやせる」というデメリットも補いきれませんでした。そのデメリットを補うために開発されたのが、 “インプラント治療”です。 歯を失った部分から、あごの骨に直接人工歯根を埋め込むことで、あごの骨が痩せることを防ぎ、さらに歯冠を支えることに成功したのです。

    合わない入れ歯を使い続けたり歯が抜けたままにしておくと、あごの骨がどんどんやせ細ってしまい、お顔のシワが増えたり目立ったりしてしまいます。 「口元から若返る」といわれるように、お口のまわりのハリが失われてしまうと老けこんだように見えてしまいます。 インプラント治療では、この顎の骨の老化を防いでくれます。

    他の治療との比較(歯を失ってしまうと、以下の3つの選択肢があります。) 他の治療との比較(歯を失ってしまうと、以下の3つの選択肢があります。)

    他の治療との比較

      良い点 留意点

    ブリッジ

    ブリッジ

    • 固定式であるため、装着して も違和感があまりない
    • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能
    • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある
    • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある
    • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい
    • 空気がもれて発音が困難になることがある

    入れ歯

    入れ歯

    • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効
    • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える
    • バネによる隣の歯への負担が大きい
    • 噛む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになる
    • 取り外して手入れをする必要がある
    • すぐにガタつきやすい
    • 口の中に違和感を感じやすい
    • 口の中に違和感を感じやすい
    • 食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい

    インプラント

    インプラント

    • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる
    • 噛む力は天然歯の約80%回復することができるので、固いものを噛むことができるようになる
    • 隣の歯を削る必要がない
    • 見た目が天然歯に近い
    • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える
    • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要
    • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある
    • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である

    骨が薄くてインプラントができないと言われた方へ 骨が薄くてインプラントができないと言われた方へ

    サイナスリフト

    さやま歯科クリニックではあごの骨を再生するサイナスリフトを扱っています。サイナスリフトとは、上顎洞にある粘膜を剥離して押し上げることで、骨量を増やすためのスペースを確保。そしてそのスペースにご自身の骨や骨補填剤を移植し、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを得る方法です。この処置により、インプラント治療が可能となります。ので、骨を再生したうえでインプラント治療を行えます。 他院で治療を断られた方も一度当院までご相談ください。

    サイナスリフトの症例はこちら

    GBR法

    骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、自家骨などを詰めて、骨の再生を促す治療法です。また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されています。

    オールオン4の症例はこちら

    • 042-378-7676
    • インターネット予約 powered by EPARK