医療費控除・デンタルローン

医療費控除について知りましょう

インプラントや矯正治療は歯科治療のなかでも高額となります。そのため、国民が少ない負担で治療を受けられるよう国が医療費を控除する制度を設けています。高額治療を受ける際には、ぜひご利用ください。

医療費控除の条件は?

本人または本人と生計を一つにする配偶者やその他の家族・親族が、一定額(年間10万円)を超えて医療費を支払った場合に、税金が軽減される制度です。

医療費控除の対象となる金額

(Aの金額)-(Bの金額)-10万円=医療費控除額

A:一年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費

B:保険金などで補てんされる金額

(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

医療費控除の申告期間

医療費控除の申告期間は5年間です。申告を忘れていた場合でも、5年以内であれば控除を受けられるので、早めに申告しましょう。

医療費控除を受けるための手続き

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書と以下の書類を提出してください。

  • 医療費の支出を証明する書類(領収書など)
  • 給与所得の源泉徴収票(原本)

医療費控除を受ける場合の注意点

  • 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
  • 健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、医療費から差し引く必要があります。

詳しくは国税庁の該当ページをご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

デンタルローン

デンタルローンは患者様が支払うべき治療費を信販会社が立替払いをして、その立替分を患者さんが分割で信販会社に返済していくものです。さやま歯科クリニックではデンタルローンに対応していますので、利用されたい方、質問がある方は遠慮なくお問い合わせください。

PICK UP ローンで支払った治療費も医療費控除の対象になります

信販会社が立替払いをした金額であっても、その患者様のその立替払いをした年の医療費控除の対象になります。
※デンタルローンを利用した場合、歯科医院の領収書がないことが考えられます。領収書がない場合には、医療費控除を受けるときの添付書類として、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。

スルガ銀行のデンタルローンをご利用いただけます。